【コロナウィルス】まるでゴーストタウンのようになってしまった北京の街並み

 中国を中心に猛威を振るっている新型肺炎コロナウィルスの影響により、中国の首都北京市内からも人が消えてしまいました。これは中国当局による外出制限や飲食店などでの会食禁止令などが発令されたため、北京市の住民も外出は必要最低限に留めているようです。

コロナウィルスとは?

コロナウイルス: coronavirus)は、一本鎖(+)RNAウイルスニドウイルス目のコロナウイルス科のウイルスをさし、コロナウイルス亜科、トロウイルス亜科を含む。哺乳類鳥類にさまざまな疾患を引き起こし、では風邪などの呼吸器感染症を起こし、軽度から中等度の呼吸器症状を起こす。1965年に風邪患者から発見された。感染は成人が中心で子供は少なく、冬の風邪の10~25%はコロナウイルスが原因といわれる。直径80~160ナノメートルで、ウイルスとしては大型の部類に属する。表面に花弁状の突起があり、太陽コロナ王冠)のように見えることから命名された[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

また、人々の極力避けるために、デリバリーサービスも接触はせず地面に置いて立ち去り、建物のエレベーターのボタンの横には爪楊枝が設置され、降りる回数をつまようじで押す仕組みが採用されているようです。

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

雪山にどんぐりやクルミなどの木の実を沢山置いたら小動物たちのパーリーが始まる

土 2月 8 , 2020
 冬の厳しい寒さに耐えながら、やがて訪れる春に備えて動物たちが餌を求めてパーティをする動画です。1時 […]