Rubyは滅びゆく オワコン言語なのか?

Ruby on Rails が爆発的に流行り、サーバーサイドスクリプト言語で多くの人たちに愛された国産のプログラミング言語「Ruby」ですが、昨今はRubyはオワコンという意見がかなり多く見られてます。Rubyは一体、なぜ、そんな立ち位置になってしまっているのか?今後、Rubyを学んでいくべきかどうか解説してくれている動画を紹介します。

KENTA / 雑食系エンジニアTV

昨今のRuby事情について解説してくれているのは、雑食系エンジニアYoutuberのKENTAさん。様々な言語に触れた経験から、現在のRubyの立ち位置に語ってくれています。結論としては、サーバーサイドの技術としてのRubyは暫くは滅ぶことはないそうです。

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

「まろに☆え〜るTV」を擁するとちぎテレビ公式チャンネルがなぜか広告を全て剥がされる

木 2月 20 , 2020
ベジータのモノマネをしているR藤本や野沢雅子 アイデンティティを始めとするドラゴンボール芸人が多数出 […]