朝日新聞編集委員 小滝ちひろ氏がやらかして炎上

世界中で死者を出し猛威を振るっている新型コロナウィルスに関連する投稿で朝日新聞の編集委員という立派な肩書をお持ちの小瀧ちひろ氏がTwitterでやらかしてしまい、最終的にアカウトを削除して逃亡するという大失態を犯した。

小瀧ちひろ編集委員は自身のTwitter上で

「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」

と、死者も多数出ている現状を痛快と評した。はっきり言おう。バカである。この投稿に批判が集中すると、一切、釈明などせずアカウントごと削除して逃亡するという愚行に出て更に批判が集中した。

結果、朝日新聞広報のアカウントが変わりに謝罪をするという意味不明なことになった。朝日新聞が好んで使う「説明責任」や「任命責任」という言葉は一体いずこへ?

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

おめがシスターズさん なぜかドブボを争いをする

日 3月 15 , 2020
人気双子Vtuberユニット「おめがシスターズ」の人気キャラ投票の結果発表が行われた。結果、姉の&# […]