100日後に燃えたワニ 高橋まつりさんの事件が蒸し返される

 Twitterで「100日後に死ぬワニ」という4コマ漫画が流行し、多くの人がワニがどうなるのか毎日投稿される漫画を楽しみにしていた方も多いだろう。この程、その漫画も100日を迎え、ワニは事故で亡くなるという予告どおりの結末を迎えたのだが、ワニの死の余韻を浸る間もなく行われた怒涛のプロモーションに、一部の読者たちは冷めきったどころか、怒りを覚えてしまった人も多いようだ。そんな100日後に燃えたワニについて感想をあれこれ語っている人のYoutuberの動画をまとめてみました。

ワニに共感していたメスゴリラことシバターの感想

シバターは「ワニにがっかりした」と題した動画を投稿。実は対して興味もないはずだが、とりあえず、流行りに乗って叩いている感じだ。

たぐぢエンターテイメント さんの感想

アニメ系Youtuberのたぐぢエンターテイメントさん=通称たぐえんさんは、電通案件で怒っている人に対して物申しています。要約すると、クリエーターが稼いで何が悪いということです。ごもっとも。

PDRさんの感想

PDRさんも金を稼ぐのは悪くないというスタンスですが、タイミングがあまりにも急ぎすぎたという意見です。「ワニさんの死体が冷たくなる前に発表された」ことが問題だそうです。

佐倉あましん さんのまとめ

一連の電通案件疑惑に関する簡単なまとめを作ってくれています。色々と皮肉が込められています。

電通が起こした高橋まつりさんの事件

 死をテーマに扱っておきながら、今回、疑惑をかけられている電通は過去に高橋まつりさんを過労死の自殺に追いやっている前科があるため、立場の弱い弱者を殺した側とも言える電通が「死」で金儲けしているという批判が噴出してしまった。博報堂だったら、ここまで火は大きくならなかったかもしれない。

高橋まつりさんの母もコメント

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

上から目線で日本を語っていた孫正義がソフトバンク大赤字で釈明

火 3月 24 , 2020
 事あるごとに上から目線で今の日本を語っていたソフトバンク社長の孫正義が大赤字を出してしまい、株主に […]
Amazon プライム対象