ソフトバンクの孫正義さん 損正義にジョブチェンジ!

ソフトバンクグループの孫正義さんがビジョンファンドの損失が大きく膨らみ、損正義にジョブチェンジした。

孫正義さんは、WeWorkというただのシェアオフィスをクリエイティブなAI企業と吹聴し、株価を釣り上げようとしたが、すぐに化けの皮がすぐに剥がれ、WeWorkの価値は大幅に下落。

更に、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、ソフトバンクグループやビジョンファンドが保有している株式の価値までも大幅に下落した。その結果、2020年3月期のグループ全体の赤字は1兆3500億円と笑えないレベルの額に達した。

投資事業だけの赤字が1兆8000億円だったため、本業の黒字を全て食いつぶすという会長辞任レベルの失態である。

新型コロナウィルスとの戦いが長期化になるとも予想され、WeWork、OYO、ウーバーなどの影響は甚大で、赤字解消の目処が立ちそうにない。

サウジアラビアのサルマン王子に首根っこ掴まれる孫正義さん

損さんの見通しの甘さはこれだけではない。ビジョンファンドに出資をしてくれていたサウジアラビアのサルマン王子に対して、巨額のリターンを返さなければならないのだ。その金額は年間3500億円。これは、ビジョンファンドが全く利益を上げていなくても、支払いの義務が課されており、のこぎりで解体された記者のように、ソフトバンクも解体の道をたどる可能性が出てきている。

もはや、PCR検査キットやマスクの配布をして好感度をあげたところで、焼け石に水状態で、巨額の負債が解消されることはない。

動画でわかるソフトバンクの大赤字問題と今後の焦点

詰んでます。損さん。

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

【ブス天速報】中京テレビの磯貝初奈アナ しょうもない理由でお母さんのLINEをブロック

火 5月 19 , 2020
かつてNEWS ZEROでブスなお天気お姉さんとして一部ネット上で”ブス天” […]