TBS「ひるおび」の日本語と英語の飛沫報道 “This is a pen”がバカにされる

日本の癌でおなじみのTBSの情報番組「ひるおび」で日本の新型コロナウィルス感染者が増えない理由の特集の中、日本語と英語では飛沫の飛び散り方に違いがあるという趣旨でウィルス拡散に大きな影響を与えたと報じた。

わざとらしい「This is a pen」

日本語の「これはペンです。」英語の「This is a pen.」の2つで飛沫の飛び散り方をティッシュペーパーの揺れで検証していたのだが、明らかに「This is a Pen!!!」という具合にpenの部分だけ不自然に強く発音しており、英語圏の人に対するヘイトレベルの報道をやらかしてしまっている。

これを見た日本在住の外国人たちは嘲笑気味でTBS「ひるおび」の報道を揶揄するような形でTwitterに動画を投稿。ひるおびが世界でバカにされることになった。

おめでとう!ひるおび。君たちは日本だけでなく世界からも嫌われるよ!
ひるおびは偏向報道番組からヘイト拡散番組に成り下がりました。

番組スポンサーもどうかしてるのでは?

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

【困惑】キラー仮面さん フジテレビの隠し子として謝罪する

金 5月 22 , 2020
フジテレビの情報番組「バイキング」がやらかして、キラー仮面さんがフジテレビの隠し子として謝罪をするこ […]