れいわ納豆問題 テレビ朝日は報道しない自由を発動

納豆の生涯無料パスポートをクラウドファンディングで1万円で販売したものの、理不尽な理由によってパスポートを没収し出資者とのトラブルを頻発させてきたトラブルは、ついに民事裁判にまで発展。原告側がパスポートの返却などを求めた結果、認諾という形で決着。原告側の主張を被告のれいわ納豆側が全面的に受けいれる形で、事実上の原告側の勝訴となった。

裁判の詳細については、弁護士Youtuberの高橋裕樹弁護士が詳しく解説してくれていますので、そちらを御覧ください。

高橋弁護士も動画内でも述べているように、被告のれいわ納豆側には、なんの利益もない認諾という結果で、弁護士も匙を投げたのではないかと疑いたくなるレベルです。こうして、裁判の締結により、一段落ついたと思いきや、れいわ納豆は期待を裏切らない。

普通に食事に来たお客さんを炎上目的の凸系Youtuberと勝手に勘違いし、警察を呼ぶという暴挙に出てしまう。

なぜ、れいわ納豆が普通に来店したお客さんを通報してしまったのか?事の発端は、Youtube上に名無しの茨城県民というアカウント名でれいわ納豆の店内で支援者と店員が揉めている様子を撮影した動画がアップロードされたことだ。この動画によって、れいわ納豆のイメージが大きく損なわれたのは言うまでもない。店にしてみれば、店内撮影される事が神経質になっていたのだろう。その結果、れいわ納豆は、Youtubeアカウント名無し茨城県民とたまたま来店した一般客の男性を同一人物だと勝手に決めつけスマホのデータを見せるように要求した。もちろん、見せる理由などないため、拒否。すると、れいわ納豆側はスマホのデータを確認するために警察を呼んだのだ。

れいわ納豆が勘違いした名無しの茨城県民の動画。クラウドファンディングの勝手な解釈を出資者に押し付ける店側の酷さが際立ちます。

しかし、実際は潔白。来店した一般客の男性は過去に、Youtubeに動画投稿したことはあるものの、5年前に秋葉原に出没したアライグマを東京消防庁が捕獲する動画を2本アップロードしただけだった。れいわ納豆が疑ったような凸系Youtuberではなかったのだ。れいわ納豆は、一応、納得したようで男性に平謝り。無実の人間を公権力に拘束させたにも関わらず、公式には未だに謝罪など行っていない。

こうしたれいわ納豆の数々の醜態がネット上で明らかになっているにも関わらず、れいわ納豆を好意的に取り上げてきたテレビ朝日は、一切報道せず。テレビ朝日は2019年5月30日放送の「大下容子のワイドスクランブル」や「スーパーJチャンネル」などでれいわ納豆を好意的に報道し、持ち上げていた。しかし、そんなれいわ納豆が数々のトラブルを起こしているにも関わらず、持ち上げていたことは無かったことのように完全にスルーしている状態が続いている。流石、テロ朝。

追記:賞味期限偽装疑惑

令和納豆はウェブサイト上で販売していた納豆セットの賞味期限シールをメーカー側に許可を得ずに勝手に張り替えていたことで、保健所から指導があったようです。令和納豆に商品を納入した川口納豆などのメーカーもこれには憤りを憶えているようで、今後も、継続して販売されるかどうか微妙な状況です。やはり、信頼関係が損なわれれば、メーカー側にも悪いイメージがついてしまいますからね。

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

【速報】遠藤チャンネルさん 炎上した報道ステーションのCMを完コピ!

水 3月 24 , 2021
「〜は悪くないっすね。」で多くの視聴者からヘイトを買った元逆張り系Youtuberの遠藤チャンネルさ […]