令和納豆 活動休止という名の閉店に 納豆パスの行方は?

出資者との多くのトラブルを起こしてきた令和納豆がとうとう活動休止という名の閉店になった。7月中旬まで店を構えていた水戸のアーバンビジネスホテルから撤退しただけであり、いずれ別の場所での営業を再開するかもしれないので、活動休止ということらしい。とはいえ、納豆パスの行き場は完全に宙に浮いた状態になってしまっているので、本来なら、宮下社長が宣言していたように、希望者に返金対応すべきだと思うのだが、現時点では、その気配はまるで感じられない。

Youtube上でも、一連の問題で令和納豆は被害者であるというスタンスを貫いてきた宮下社長だったが、Webサイト上での活動休止の挨拶文には「全て私の責任であり、私の実力が足りませんでした。」と謙虚な姿勢を見せた。

しかし、返金対応については一切言及なし。これでいいのか?宮下社長・・・。
もう少し、お金と人に誠実な姿勢を見せないと、誰からも信用されなくなってしまう。

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

高岡工芸高校と富山県教育委員会が暴行傷害事件の犯人を警察へ通報せず

木 7月 15 , 2021
7月7日、富山県の高岡工芸高校で剣道部の男子部員2人が来訪してきた40代保護者の男に暴力を受けたとさ […]
Amazon プライム対象