高岡工芸高校と富山県教育委員会が暴行傷害事件の犯人を警察へ通報せず

ニュース

7月7日、富山県の高岡工芸高校で剣道部の男子部員2人が来訪してきた40代保護者の男に暴力を受けたとされる問題で、県教育委員会と高岡工芸高校は事件化せず犯人を警察へ通報しない決断を下しました。

同校と同教育委員会は保護者の言い分である「暴力ではなく、武道の指導だった」という主張を完全に鵜呑みにし、事件化することは見送った。また、教育委員会は今回の問題を文書で通達を出し、万全の体制を整え、再発防止に努めたいと頓珍漢な発表をしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました