朝日新聞出版と毎日新聞が虚偽予約

朝日新聞出版と毎日新聞社がまたテロ行為を行って問題視されている。多くの国民が新型コロナウィルスで疲弊している中、なんとしても足を引っ張りたい2社が取材目的という名目でテロ行為を仕掛けたのだ。無論、予約システムがクソだというのも問題ではあるとはいえ、虚偽予約をわざと行って、混乱を生じさせる行為は決して許されない。

自衛隊が運営する「新型コロナワクチンの大規模接種センター」について、実在しない接種券の番号などを使っても予約ができる問題で、岸防衛相は、虚偽予約をしないよう呼びかけた。岸防衛相「くれぐれも虚偽予約をしないでいただくよう、重ねてお願い申し上げる」 また岸大臣は、実在しない市区町村コードを使っても予約が可能になっていることについて、システムの一部を改修することを明らかにした。 そのうえで、虚偽の予約や自治体での接種予約との2重予約を行わないように呼びかけた。 さらに岸大臣は、取材の一環として架空情報を使って接種を予約した朝日新聞出版と毎日新聞に対して、「悪質な行為であり、極めて遺憾。厳重に抗議する」と述べた。

https://www.youtube.com/watch?v=6umFooczUs0

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

東卍 マイキーさん 太って弱くなる

火 5月 25 , 2021
東京卍リベンジャーズに登場する人気キャラクターで、東京卍會の総長のマイキーがガーリィレコードチャンネ […]
Amazon プライム対象