小山田圭吾 の過去に行った障害者イジメの内容が酷すぎて炎上

なぜか東京五輪の開会式・閉会式の音楽制作に携わり、なぜか一流面している音楽家の小山田圭吾氏が、過去に障害者に対して壮絶なイジメを行っていたことを20数年前の雑誌のインタビューで告白していたことが掘り起こされ、今になって大炎上している。

それもそのはず、小山田圭吾氏がやっていたイジメの内容があまりにもひどいのだ。小山田氏は「ROCKIN’ON JAPAN1996年1月号」の中で、「全裸にしてグルグルにひもを巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。喰わした上にバックドロップしたりさ」「だけど僕が直接やるわけじゃないんだよ、僕はアイデアを提供するだけ(笑)」と語っていたり、同誌の8月号では、特別支援学級へ通う人たちを笑い者にするような発言をしていた。

これには、大抵のことは擁護する茂木健一郎でさえも、擁護無理と断罪。

のっぴきならない小山田圭吾

12年前のタワーレコードのスペシャルインタビューの予告動画。いろんなことがのっぴきならない感じになってきているようです。

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next Post

TBS サンデーモーニング「ワクチン接種が進んでいる”せいで”重傷者数が減ってしまった」

日 7月 18 , 2021
TBSの反日番組でお馴染みサンデーモーニングがまたやらかしました。新型コロナウィルスの東京都の感染者 […]